韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ79話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ79話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく79話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ79話

ミスンの心を自分のものにしたモランは、彼氏を奪われた恨みをボンヒに分からせるため車の前に飛び込んだんだと打ち明ける。
なんでも言うことを聞いてくれるというミスンに、ボンヒたちを別れさせてほしいと頼むモラン。
わがままに育ったモランは、ジョンヒョンが自分のものにならなければ死んでやるとミスンを脅し、モランの考えが間違っていると分かっていても娘の命には代えられないミスンは、彼女の願いを聞き入れる。

ジョンヒョンとデートして帰ってきたボンヒは、「あの男と別れないなら出ていきなさい」とボンソンに水を掛けられ、部屋に入ることができず中庭で昔のことを思い出していた。
お母さんに「出ていきなさい」と怒られるのが一番恐ろしかったボンヒ。

仕事を終えてギョンジャたちと帰ってきたジョンレは、つめたく冷え切ったボンヒに驚き、彼女をギョンジャの部屋で一緒に休ませる。
ボンヒのことを思えば、彼女をミスンのところへ戻すのが正しいと分かっていても、もう本物の親子以上に絆ができてしまったジョンレは、ボンヒがいなくては生きていられず手放すことができない娘を抱きしめ謝る。

昨日クリスマスツリーの買い物に付き合ったジョンヒョンは、朝早くボンヒを待ち構えGBの飾り付けを一緒に手伝う。
温かい飲み物を用意して待っていてくれたジョンヒョン。
美形な顔はもちろんだが、ジョンヒョンのこういう優しさがたまらなく好きなんだと、ボンヒは彼の後ろ姿を追いかける。

ソングクが買った土地に2倍の値を付けてきたユン会長は、条件として息子と縁を切ってほしいと願い、酒場経営や土地転貸しをしているソングクを軽蔑する。

友人の父親にふっかけるような商売をしていいものかと躊躇していたソングクは、横柄な態度のユン会長に会って迷いも吹き飛び、取引の条件としてボンヒ親子をこれ以上傷つけないでほしいと頼む。

クリスマスでうかれるのは高利貸しのスンジンも同じで、初出勤してくるジェニスのために小さなクリスマスツリーを彼女のデスクに飾ってみるが、眉間に皺をよせて嫌な顔をするボンソン(ジェニス)は一言「邪魔よ」と怒り、でも椅子に置いてあったピンクのふかふかクッションは有り難くいただく。

仕事を一日休むことになったモランは、退屈すぎてミスンが帰るまでの間にエスクに会いにいく。

ジョンヒョンを手に入れるためにサラを利用したモランは、「彼が私のものになればママの元に帰ってこられるわ」とエスクの寂しい思いにつけこみ、ミスンに協力するよう頼む。

スポンサーリンク

ユン会長を倒す方法を思いついたドンピルは、副大臣とダイヤモンドで会う約束をし、その前に土地を買い占めたソングクと話をつけにやってきた。
苦労せず裕福な環境で育った人間よりも、貧しくのし上がってきた者が成功するべきだというソ社長の考えに同意するソングク。

しかし九老の土地はすでにユン会長に売却済みで、ソングクは土地ではなく土地を買うための資金をお貸ししますと高利貸しの鼻を利かせる。

工場建築競争でユン会長に挑むよりも、まず彼を失脚させたほうが近道だと考えたドンピルは、キム副大臣に、「いっそ大臣になられてはどうですか」と彼の欲望をくすぐり、ユン会長と大臣の関係を検察にリークするよう勧める。

一つ間違えれば自分も巻き添えをくらいかねない副大臣は及び腰になるが、ソ社長が検察や記者を買収済みというので、その気になる。

恋人同士の話を小耳に挟んだジョンヒョンは、二人の気持ちをつなぎ止める指輪を思いつき、クリスマスプレゼントとしてボンヒに贈る。

お互いの指にリングをはめると、絆がより一層強く感じられるボンヒたち。
お酒を飲むときも、苦しむときも、絶対一人にならないでとジョンヒョンはボンヒに頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←78話     80話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ