韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ61話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ61話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく61話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ61話

ドンピルをつなぎ止めておくためにも彼を拒絶するわけにいかないミスンは、少し考えさせてほしいと遠回りに遠慮し、ダイヤの指輪を返す。
怒りにまかせてGBまでやってきたエスクだが、サラ・パクが持っているものすべてがほしいという娘の願いを思い出し、彼女にケンカを売ることを思いとどまる。
ほんの一瞬遅れで裁断室から出てきたドンピルは、エスクとは違う裏口から出ていき危機を逃れる。

娘のためならプライドさえ捨てられるエスクは、今までの酷い仕打ちをミスンに謝罪し、娘のことをよろしく頼むと頭を下げる。
あれほど敵視していたエスクが娘のためには謝罪までする姿を見て、我が娘を失ったミスンは彼女のことを羨ましく思う。

ジンスクを遠ざけ点数を稼いだつもりのモランだが、家柄の釣り合わない彼女はまったく相手にしてもらえず、「家柄よりも人柄ではないですか」とアピールしてみるが、結婚も事業の一つと考えてるボクジュにとんでもないと断られ、「あなたの家がせめてお金持ちだったら良かったのに」と哀れみをかけられる。

ボクジュの気持ちを変えることはできなくても、ジョンヒョンに実力行使で迫ったモラン。
美しく色気のある彼女が抱きついてもジョンヒョンは動揺せず、「君のことはボンヒの友人としか思えない」としがみつく彼女を拒絶する。

歌手になるために我流で無茶をしてきたボンソンは、声帯にポリープができてしまい、調子の悪い日には声がかすれてしまう。
プロ根性でステージに立っていた彼女だが、とうとう客から罵声を浴びせられ、素人であるファギョンにその場を助けられる。

歌が歌えなくなってもソングクや店への借金を返さなければならないボンソンは、ホステスになってでも働くと言いだし、一度言い出したらきかないボンソンに、ソングクも疲れる。

ボンヒの就職祝いにかばんを買ったソングクは、彼女にプレゼントを渡し、無邪気に抱きついてきたボンヒを抱きしめ、疲れを癒やしてもらう。

採用されたことが嬉しいボンヒは、早朝に出勤し裁断室の机をぴかぴかに磨くが、要領良く立ち回るモランのせいで店長スギョンに誤解され睨まれる。
スギョンから雑巾を投げつけられショーウインドーを磨くように指示されたボンヒは、「ハエが滑るぐらいピッカピカに磨いてやるわ」と前向きに考え、真面目な働きぶりは、早くに出勤してきたミスンの目に留まる。
ボンヒの初出勤を祝おうと遠回りしてやってきたジョンヒョンは、窓磨きをしてるボンヒに声をかけ、きょうは額ではなく彼女の頬にキスをして去っていく。

ミョンソン紡織が制服デザインのコンペでデザイナーを募集するとの記事が新聞に大々的にのり、紡織会社の衣料品事業展開に遅れをとったドンピルは悔しがる。

スポンサーリンク

こうなれば画期的なデザインで世間の目を惹こうとしたドンピルは、ミスンが縫っていたズボンのようなスカートを思い出し、勝手に盗用しようと考える。

ミョンソン紡織の制服コンペは賞金が高額なこともあり、プロのヨングでさえ色めきだち、「応募してみればまぐれで受かるかも」とエスクに言ってみるが、いちおう一点物のオートクチュールを売りにしている彼女はプライドを盾にヨングを馬鹿にする。
同じ記事を目にしたミスンは、モランとボンヒに挑戦するよう新聞記事を見せる。

クラブダイヤモンドでは、客の出迎えなんかしないソングクがめずらしく特別扱いして案内した客が税管理の職員だと知ったボンソンは、自分も密輸の仲間に入れてほしいと頼み、危険だと拒否するソングクを脅す。
ギョンジャ母さんにバラすとまで言われたソングクは、ボンソンの言い分を断れず彼女に接客を任せる。

水商売から足を洗うにはひと山当てるしかなく、一世一代の大勝負に出たソングクは、用意したブランデーに薬を混ぜ職員たちのいるVIPルームに向かう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←60話     62話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • マイリトルベイビー

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ