韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ39話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ39話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく39話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ39話

イム社長のところにいる頼りにならない部下スンジンがボンソンの手がかりを聞きつけ、彼女がソウルにいるらしいとの情報をつかんだソングクは、ジョンレ母娘を連れてボンソンを探しにいく。

食堂の常連客であるボンソンは、大きいお腹をしており、店主も彼女のことをよく覚えていた。

ソングクに抱きしめられるボンヒを見て、10年たっても彼女を影から見守ることしかできないジョンヒョンは、苦しみに耐えきれず約束など守っていられないと父に反発する。

赤ちゃんを授かったボンソンが新婚夫婦だと聞いたジョンレたちは、食堂の店主に教えられた家にやってくるが、中からでてきたのは同姓同名の別人だった。

ドンピルの脅迫で第一工場の使用を彼に許可したと父に確認したジョンヒョンは、そんな契約は認められないと怒り、ドンピルとの契約書を隅から隅まで目を通す。

ジョンレの居場所を気にかけていたチャンソクが心配になったドンピルは、証言者は大邱にいるらしいと嘘の情報を与え、事を荒立てないように釘を刺しておく。

優しく微笑むピンクの豚。耳の穴に紙幣を突っ込み、口にもおカネをくわえさせて食堂の成功を祈るギョンジャたち。
祈願にギリギリ間に合ったボンヒがお母さんたちの健康を祈ると、ソングクは、けんかっ早い母がもめ事を起こさないようにと平和を祈り、開いていた扉から勝手に入ってきたチャンソクにジョンレの顔色は変わる。

祝いの餅を持って子供たちが出ていくと、食堂の第一号客であるイ・チャンソクに食事を振る舞ったジョンレは、彼のふてぶてしい態度に戸惑い、「俺は殺してなんかいないんだ」と10年たって刑期を終えてもなほ無実を訴える彼の言葉を真剣に受け止める。

良家の嫁としてお手伝いに料理を作らせていたジョンレが、今や人のために食事を用意する立場になり下がり、彼女から受けた屈辱が忘れられないエスクは、食堂へ行って落ちぶれたジョンレの姿を鑑賞しようとする。

ボンヒを馬鹿にしながら、あれこれ自慢するモラン。前向きなボンヒは、馬鹿にされているとも知らず、彼女が教えてくれた話を真剣に受け止め、洋裁をするにも勉強が必要だということに気づく。

ミスンに合った素敵な家を買い、彼女をダイヤモンドとして輝かせたいと言っていたドンピル。彼への復讐に燃えるミスンは、二人の合い言葉であったダイヤモンドを高級クラブの名前に据える。

スポンサーリンク

羽振りの良さそうなソングクの後をつけてきたチョルボクは、雇ってくれなければおばさんに言いつけるぞと脅かし、クラブのウエイターにしてもらう。

第一工場でいったい何を作っているのか、気になったジョンヒョンは工場長に製品を見せてほしいと頼むが、盗作が漏れないようにドンピルは厳戒態勢をしき、社員にさえ持ち出しを禁じていた。

クラブの宣伝のためテヨン紡織にやってきたソングクは、染色工場をたちあげるときにボンヒが付けた名前テバン染色の成り立ちを思い出す。
ボンヒの父の会社テヨン紡織(バンシク)から頭文字をとりテバン染色。テヨンとテバン、まるで兄弟のようだと言っていたボンヒのためにも、ソングクは将来必ずテヨン紡織をボンヒの手に戻してやろうと決意する。

高級感ただようファギョンがお客さまをダイヤモンドのように輝かせたいと勧誘すると、一瞬ミスンを思い出し嫌な気持ちになるドンピルだが、ファギョンから片方だけのカフスボタンをプレゼントされると、分かりやすい勧誘商法に気持ちも緩む。

テヨン紡織に勤めている友人に製品を見せてくれと頼みに来たジョンヒョンは、工場から出てきたソングクに驚く。
クラブの営業にきたという彼を不憫に思い友人として気遣うジョンヒョンだが、裕福なお坊ちゃんからの同情などまっぴらなソングクは、彼の言葉を背中で聞き流す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←38話     40話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ