韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ125~126話

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ125~126話

ホジュン伝説の心医あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
ホジュン~伝説の心医~
さっそく125~126話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ホジュン~伝説の心医~・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ125~126話

クァンヘグンが危篤だ。

明の国から持って来た医学書のお陰で、編成を終えることができそうだと喜ぶホジュンと医者達。

ホジュンは急いでクァンヘグンの部屋に向かう。
マラリアの状態がひどい。

ヨンチャンデグン側の上官達は喜ぶ。

ホジュンはクァンヘグンの手を握る。
私はホジュンを信じているというクァンヘグン。

夜雨が降り雷が鳴る。
ホジュンは今すぐ外に出て雨水を貯めてほしいという。
クァンヘグンに飲ませる薬を決めたというホジュン。
ホジュンは毒性の強い砒素を取り出す。
オグンに砒素と塩と雨水で薬を煎じるようにいうホジュン。
砒素が入って大丈夫か心配するオグンとソヒョン。

オグンはドジに、ホジュンの処方を伝える。
驚くドジ。
ホジュンを探す。
その薬を本当にクァンヘグンに捧げるのかという。
心配するなというホジュン。

クァンヘグンの状態が悪い。
薬を渡すホジュン。
ホジュンとコンリャンが会っているのを見た上官は、薬の検査を受けるようにいう。
検査をすると色が変わった。毒だという証拠だ。
薬に毒が入っているという。
ホジュンは、薬に砒素を使ったからですという。
薬の説明をするホジュン、ひどいマラリアに効く薬だという。
ホジュンはクァンヘグンに、私を信じて飲んで欲しいという。
今マラリアが治らなければ、命に関わりますという。
飲みますというクァンヘグン。
私はホジュンを信じます。
飲むクァンヘグン。

その消息を聞くコンリャン。
喜ぶ上官達。

内容を聞いて心配するマンギョン。
砒素は吐かせるためにも使いますというサンファ。

オニョンの夫はイルソに、内医院に入るためにホジュンに頼んで欲しいという。

その事実を知ったソンジョがホジュンを呼ぶ。
砒素を入れたというのは事実と聞く。
今すぐ止めろと言う。
今はこれ以外方法がないというホジュン。

ドジはホジュンを心配する。
この薬を続けなければならないという。

ホジュンの処方に抗議する上官達。
熱が出るのは、体の毒を出さなければならないからだというホジュン。
コンリャンとソンピルは、クァンヘグンの状態が悪くて喜んでいるようだ。

イルソはオグンに、科挙試験を受けなくても内医院に医者として入る方法はあるかと聞く。
何か特別な医術はあるかと聞くと、オニョンの夫はあんまの技術があるという。
やってみろというオグンにあんまをすると、オグンは悲鳴を上げる。
内医院なんて夢も見るなといって帰るオグン。
オニョンの夫を叩くイルソ。

スポンサーリンク

コンリャンとソンピルはホジュンに、砒素を入れたのは意味があるのだろうという。
腹を立てるホジュンは、砒素は毒ではなく薬だ、クァンヘグンは必ず私が治療するという。

震えて苦しむクァンヘグンを見ながら、クァンヘグンの母であるコンビンを思い出す。
クァンヘグンの手を取り、打ち勝って下さいと言うホジュン。
私を信じて薬を飲んで下さったクァンヘグンを、私は信じていますという。

ソヒョンはクァンヘグンを心配する。
用事があって出かけてくるというソヒョン。
ソヒョンの後を誰かが追いかける。
ソヒョンに、お前の両親は我々が捕まえている。
クァンヘグンの薬に毒を入れるように指示する。
コンリャンの仕業だった。

ソヒョンは薬材倉庫で泣く。

ソヒョンに男が近づく。
私はできないというソヒョン。
お前の両親の命はないぞという男。

薬を作ってトイレに行くオグン。
ソヒョンは震える手で薬に近づく。
男が見守る。

男はコンリャンに、ソヒョンは砒素を入れなかったという。
コンリャンは男に、お前が入れろと指示する。

その男が砒素を多く入れて薬を作る。
男はドジに会う。
薬は準備できたかという。
ドジはその薬を受け取る。

その男が砒素の入れ物を片付けるのを見るソヒョン。
砒素の量を見る。
ホジュンの元に走るソヒョン。

クァンヘグンは意識を戻す。
脈を診るホジュン。
熱は下がったようだ。

ドジがコンリャンの指示で男が砒素を多く入れた薬を持って行くと、クァンヘグンが意識を戻したと聞く。
この薬はどうしましょうかと聞くドジ。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ホジュン~伝説の心医~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ