韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ117~118話

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ117~118話

ホジュン伝説の心医あらすじ

今回の韓国ドラマはこちら!
ホジュン~伝説の心医~
さっそく117~118話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ホジュン~伝説の心医~・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ホジュン~伝説の心医~・あらすじ117~118話

ホジュンはドジに、今針治療できるのはドジしかいないという。

ドジはホジュンとソンジョの部屋に入る。
ホジュンは針をドジに差し出す。
ドジは針治療をする。

ソンジョはドジの針治療で気力を回復した。

ホジュンはソンジョに薬を出す。
ホジュンはドジに、シンソングンの死に対する罪を問わないで欲しいと願う。
ソンジョはドジの罪を問わないから、これからも医療に力を尽くして欲しいという。
ありがとうございますというドジとホジュン。

ドジはホジュンを呼んで、ひざまずく。
許して下さいという。
私はソンジョに、ホジュンは避難の途中逃げたといいました。
起き上がってください、全てもう過ぎたことですというホジュン。
ホジュンも同じようにひざまずく。
イテとドジの親子の絆を絶たせてしまった。
ドジの優れた医術が自分に対する恨みで遮られているのが残念だったというホジュン。
涙を流すドジ。

ピョンヤン城が日本軍に攻撃された。
イムヘグンも日本軍の捕虜となった。

クァンヘグンとチョンス、医者や医女たちはウィジュに到着した。

ホギョム一家、イルソ一家、ヤンテ一家はまた避難中だ。

ホジュンはマンギョン達に会う。
ホジュンの家族の消息を聞く。
分からないと答えるマンギョン。
落胆するホジュン。

クァンヘグンはホジュンに、明の国が兵を送ってくれたという。
イ・スンシン将軍は勝利して北上しているという。

チョンスが攻撃を指示する。
次々と殺される日本軍兵士達。
日本軍は退陣する。

ヤンテがホジュンのいるウィジュに到着してホジュン、オグンに会う。
ソン氏達はヨンチョンにいるという。
ウィジュは人が多くて大変だし、ホジュンは忙しいからヨンチョンに行こうとソン氏が言ったという。
安心するホジュン。

ホジュンとイェスがソンジョに会いに来る。
各地から勝利の消息が絶えないと喜ぶソンジョ。
ホジュンは今まで多くの庶民達が殺されたのを見ました。
人々の苦痛を和らげるために、新しい医学書を編成したいと思う。
私も同じ考えだというソンジョ。

スポンサーリンク

ハニャンに戻って来る。
ホジュンは医者達に、新たな医学書を編成するという。
経験のない医者が表面の症状だけ見て治療して、患者が命を落とすこともある。
病気の全体を把握して正確に治療して、人々の苦痛を和らげなければならない。

夜遅くまで医学書の編成に忙しいホジュン。
イェジンがホジュンに茶を持って来る。
もう何日も寝ずに仕事をされていますと心配するイェジン。
誰が見ても理解して医術を理解できる医学書を作ることが願いだったというホジュン。
コンリャンが入ってくる。
話があると言って、内医院の上官のひとりとコンリャン、ホジュンと一緒に酒を飲む。
内医院上官ソンイチョル代官の体調が良くない、明日ホジュンに診察しろと命令があるはずだという。 
師匠様はいつも患者の病気だけ見て、患者の身分は見るなと言われましたと言って出て行くホジュン。

ソンイチョルの診察をして針を刺す。
誠意を込めて薬を煎じるホジュン。

ソンジョは今回避難中に功労を立てた人々の位を上げるという。
ホジュンはまた特別に位を上げるという。

ホジュンの特別な昇進に腹を立てる上官達。
何か手を打たなければならないという。

オグンがソン氏とタヒにホジュンの特別昇進を報告する。
喜ぶソン氏とタヒ。

コンリャンはドジに、ホジュンの弱点を聞く。
またドジの機会となるだろうという。

コンリャンはホジュンとイェジンの関係を話す。
嬉しがる上官達。

コンリャンがソンジョにホジュンとイェジンの関係を報告する。

ホジュンとイェジンの噂が流れる。
それを聞いて腹を立てるマンギョン、オグン。

ソンジョがイェジンを呼ぶ。
今回の功労でホジュンを特別に昇進させようとしているが、反対の声が多い。
ホジュンとイェジンとの噂は本当かと聞く。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ホジュン~伝説の心医~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ