韓国ドラマ・ホグの愛・あらすじ1話

韓国ドラマ・ホグの愛・あらすじ1話

ホグの愛

今回の韓国ドラマはこちら!
ホグの愛
さっそく1話をご覧ください
ホグの愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ホグの愛・あらすじ1話

韓国代表の水泳選手ト・ドヒ。世界大会に出場した彼女は見事銀メダルを獲得。
立派な成績にもかかわらず、水泳帽を床に投げ捨て悔しさと不満を滲ませる。

スポーツ選手らしからぬ彼女の態度に、記者たちはシャッターを連写。
いつも銀メダルの彼女は、コーチの制止も無視して一人でソウルに戻る。

いわゆる草食系男子のホグ。優しいのが長所だが、お人よしすぎるは短所か・・・。
素直な彼は、思わせぶりな女子にいつもいい様に使われ、恋愛と言うものがなんなのか、自分は何がしたいのか迷走していた。

「あっ、彼氏が迎えに来たわ!」
付き合ってると思っていた女の子とデート中のホグ。
”彼氏が迎えに来た”と去っていく女の子に怒りをぶつける事もなく、高級車の助手席に座り去っていく女の子を何事もなく見送ってしまうお人よし。

”持ち帰りたくないけど、捨てるのは気が引ける、それでもできれば忘れたいもの”
飲み物(よくある紙パックの形)の蓋をあけ、デートプランを書いた紙をその中に詰め、「あっ、そういえばあそこに置いてきちゃった」とわざと忘れてくるのがホグの癖。

いつも利用されてばかりのホグに「お前は何がしたいんだ!」と言いながら、落ち込む彼をバカにするように楽しむ友人のテヒとチョンジェ。

「俺は何がしたいんだろう・・・」
迷走するホグは、横断歩道の向こう側にドヒを発見。
思い切って話しかけるが、思わぬ着信と赤信号に邪魔され、何も話せず別れてしまう。

実は、ホグとドヒは高校の同級生。(ちなみにテヒも同級生)
二人があの有名なドヒと同級生だったと知ったチョンジェは、「なんでサインを貰ってくれなかったんだよ」と騒ぎ立てる。

”カプ&キング法律事務所”
帽子を目深にかぶったドヒは、元彼ピョン・ガンチョルを訪ねる。

「俺たちは仲良しだろ?」
ホグと仲良し親子のカン・ヨンム。(ホグの父)
本屋(レンタル?)を経営するヨンムは、「ガキどもが万引きするんだ・・・」とすぐに落ち込んでしまうナイーブなお父さん。(可愛いわ~。笑)

父と共に店に立つホグ。スーツ姿でちょっと癖がありそうなおっさんを接客する。
「だったらこの商品を俺にプレゼンしてみろ。 オ~、クレ~(グレ~)」
!?
なんとビックリ、ミセンに出演してたオ次長がそのままの風貌で登場!
(放送時期一緒だったのかな?まんまオ次長だったからビックリしたし、あのドラマ好きだったからなんか嬉しかった(^^)v)

万引き犯を追いかけるホグは、店内にいたドヒに気が付かない。
犯人を捕まえ戻ってきた彼はレンタル名簿を見て、さっきの女の子がドヒだったのだと気が付き落ち込む。
「く・・・くそ・・・どうして気が付かなかったんだ・・・」

今風な化粧で男を巧みに操る魔性の女ホギョン。彼女は、何を隠そうホグの妹。
同じ親からこれほど正反対の子供が生まれるのかと疑いたくなるくらいの適当っぷり。
男の前では巧みにぶりっ子を演じ、ひとたび化粧を落とせばボリボリと鼻くそをほじくりホグに投げつけるほどおっさんくさい。
(使用済み靴下も、匂いを嗅いで判断。一度やそこらじゃ洗濯しないみたい。笑)

「それって恋愛なのかな・・・」
悩むホグをよってたかってバカにするチョンジェ、テヒ、ホギョン。

「恋愛経験の少ない息子をバカにするな!」
友人たちを一喝し、息子を守った様に見えた母のキム・オンニョン。
しかし、あくまでもそれは”フリ” であり、結局息子を罵るような下ネタで、その場の笑いをかっさらっていく。笑

(このドラマ、キャラ濃いやつ多いわぁ。笑)

ホグの元に同窓会の手紙が届き、ドヒに会えるのではと期待で胸が膨らむ。
おしゃれ(おしゃれのつもり)して出かける直前、妹に引き留められ全身コーディネートされ直したホグ。

「今日はお兄ちゃんが主役よ。胸を張って行きなさい!」
送り出されたホグは店についた瞬間、妹の悪巧みに気が付く。
そう、店員さんと全く同じ格好だったのだ。笑

スポンサーリンク

店員さんとまるっきり同じ服装のホグは、「おつまみおかわり~」と同級生たちからこき使われ、お人よしの彼は反論する事もしない。
「先に帰るわ」とテヒを置いて帰ろうとしたが、遅れてやってきたヨンベに捕まりもう一度席に座る。

このヨンベと言う男。学校一の不良で諸悪の根源。現在は保険屋で働いており、その横柄な態度で強引に保険を勧めてくる。
もちろん同級生たちは嫌な顔をして相手にせず、揉み合いになったその場を収める為に「わかったわかった、俺がサインするから」と名乗り出てしまうホグ。

同窓会は終わり、みんなをタクシーで見送ったホグ。
鞄を忘れたことに気づき店に戻ると、そこにはポツンと座るドヒが。

”今日こそちゃんと話しかけないと・・・”
プレッシャーを感じるホグは、「お、お、おつまみのおかわりいかがですか?」と話しかける。
(店員さんかよ!笑)

「今日の目的は同窓会じゃない。本の続きを借りに来たの」
店員ではなくホグだと認識していてくれたと知った彼は、それだけでテンションちょい上がり。
一緒に漢江を歩き、追い打ちをかけるようにホグの胸は高鳴っていく。
(漢江はよく恋人が一緒に歩く場所だと思ってる)

ホグの癖(紙パックに持ち帰りたくない何かを詰める癖)を聞いたドヒは、「あんたは子供のままね」とバカにしながら、彼がいない隙に自分も何か詰める・・・。

「今泳いだら寒いのかな・・・海が見たいな・・・」
ドヒの”青信号”に気づかないホグは、「寒いに決まってるじゃん」と相手にせず、そのまま帰ろうとする・・・が、思いとどまる。
変わりそうな信号を無視し、「海に行こう!」とドヒの手を握る。

その頃、二人が置いて行った紙パックを「ゴミはゴミ箱に捨てろよ・・・」と巡回する清掃員が発見。
中には妊娠検査薬が入っていた・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ホグの愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ホグの愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ホグの愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
ホグの愛 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • マイリトルベイビー

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ