韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ75話

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ75話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく75話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ75話

会長の引退責任を感じたチャンミが別れを切り出したと知ったテジャは、「もう少し待ってくれ。」とチャンミを説得するが、会社なんかどうでもいいというテジャに責任を感じたチャンミは「別れてくれなければ仕事を辞めて遠くへ行くわ。」と説得する。

どんな手を使ってもSL食品の後継者夫人になりたいミンジュは、ホン女史に反対された事を隠し、励まされたと母に嘘をつく。

チャンミと連絡が取れずヨンジュが心配していると、ジュニョクは家に帰りたくない彼女の気持ちを察し残業しているチャンミを訪ねる。

チャンミ自ら別れると言われては会長にも、どうすることもできず、テジャは、結婚するために会社に入ったのにチャンミと別れ話になり祖父にも迷惑をかけてしまったと後悔する。
先の短い会長は、ここで諦めるわけにいかず、「これからの事だけを考えよう。」とテジャを励ます。

重役を集め、今までの労をねぎらった会長は、「あとは君たちに任せる。」と全幅の信頼をよせ「ファン本部長をよろしく頼む。」とイ社長に最後の言葉をかける。

公園でミンジョンを見かけたガンヒは娘の後を追いかけ、公衆電話で動画の件の報酬を払うというミンジョンの会話を聞いてしまう。

兄に罪を着せて平然としているミンジョンを許せないガンヒは、すぐにミンチョルの所へ行き真実を話すと怒るが、警察沙汰になったのは予想外だったと軽く考えるミンジュは、「テジャさんと結婚すればお兄ちゃんが実刑になっても裏から手を回せるわ。」と母を説得し、犯行を暴露するなら死んでやると脅迫する。

息子を疑っただけでも申し訳ないガンヒは、自分勝手なミンジュの罪を着せられたミンチョルに申し訳なく、息子を誘って二人でお酒を飲む。
妹思いな兄を陥れるような娘に育ててしまったガンヒは、自分の育て方が悪かったと反省し、何度も何度も「あなたに申し訳なかった。」とミンチョルに謝る。

テジャが会社に残れるよう尽力してくれた義父に感謝するホン女史であったが、会長は、「会社を十分に育てられる能力ある人に任せるつもりだ。」と言葉を濁しテジャを後継者に決めたわけではないと釘を刺す。

生き甲斐であった会社を急に辞める事になった祖父を心配するテヒであったが、「毎日 出社してなかったから 大して変わらん。」と会長は平気な顔で笑い飛ばす。

長男の部屋をノックしても返事がなかったヨンジュはドアを勝手にあけ、チャンディの足を洗っている情けない息子を目撃する。
チャンディのことが癪に障って仕方がないヨンジュは、「あなたも少しは遠慮したらどうなの?」と嫌味を。

チャンミが失恋して苦しんでいる時に、親友であったチャンディがイチャつくのは無神経に思え、ヨンジュにはチャンディの行動全てに苛立ってしまう。

全くテジャが力をつけていない状態で会長に辞められてしまったジュニョクは困惑し、このままでは派閥争いが起こるかもしれないと心配する。
会長の経営手腕を尊敬するビョンムンは、「会長がテジャのために辞任したのなら、何か考えがあっての事だろう。」と会長をたて、テジャの力になるよう息子を励ますが、父に気持ちを理解してもらえないジュニョクは苛立ち「実力のない人間に仕えろというのか。」と口答えしてしまう。

ホン女史が犯罪者の妹ミンジュを受け入れるなど信じがたいガンヒであったが、娘に弱い彼女は、テジャ母が二人の仲を認めているという言葉を信じ、息子を犠牲にしてミンジュの幸せを優先する。

数回付き合っただけで、図々しくなったポンシェフは、休みの日にまでアラさんを訪ね「会えば会うほど好感が湧くんだよ。」とブサイクな顔で彼女を口説く。

アラさんが耳にしてるイヤホンが気になったシェフは、勝手にひっぱり何の曲かと聞いてみると、にっくき恋敵カン先生の歌声だった。
どこがかっこいいのか妻子持ちに熱を上げるアラさんに嫉妬したシェフは、音痴のくせに「そのうち僕のアルバムを贈るよ。」と約束し迷惑がられる。

スポンサーリンク

晴れて無職になったファン会長は、暇を持て余し、ビョンムン宅に入り浸る。
もう、春がそこに来てるというのに、ビョンムンはヨンジュにもらったベストを脱ごうとせず「暑苦しいぞ。」と会長は顔をしかめる。
いったいいつまで片思いに安住するつもりなのか、一向に進展しない二人の関係を会長は歯がゆく、「早く告白して もっと楽しめ。」と彼をそそのかす。
「勇気がないなら諦めろ。」

「チャンミの事で今は大変だからと。」尻込みするビョンムンを見かねた会長は、ヨンジュさんに見合い相手を紹介しようと彼女を食事に誘う。
「いいことがあるから、明日はオシャレしてきてください。」

一方、以外な事にテジャは休日でも出社して仕事に打ち込み、テジャからチャンミの事を頼まれたジュニョクは、一人で商品開発しているチャンミに現場経験がないからと弟子入りさせてもらう。

面接試験での苦い経験を覚えているチャンミは、「餅作りに一番大切なのは、時間ではなく衛生です。」とジュニョクに仕返し、冗談が言えるほど元気そうに見えるチャンミにジュニョクも気持ちが楽になる。
チャンミと一緒に餅を作っていると堅物ジュニョクも餅作りが楽しくなり、会社の事で悩んでいたジュニョクは無心になって餅作りに集中する。

餅カフェの灯りを見て店内を除くテジャは、ジュニョクとお茶を飲み明るく笑うチャンミを見て心が和む。

会長がヨンジュさんを見合いさせると焦ったビョンムンは、彼女を引き止めようとするが間に合わず、必死で車の後を追いかける。
ウインドー越しにヨンジュのいるレストランを見つけたビョンムンは、会長に電話をかけアン社長を連れてこないでとお願いする。

「今すぐ告白しないなら社長を連れて行くぞ。」と急かされたビョンムンは仕方なく心を決め、ヨンジュに告白しようと店に入る。
息を切らせて入ってきたビョンムンは水を一気飲みし、「私が何を言っても驚かないでください。」と言われたヨンジュは、会長の身に何かあったのではと不安になる。

ドキドキを抑えながら勇気を振り絞り「私は・・・ヨンジュさんを・・好き・・・なんです。」とビョンムンが告白すると、びっくりし過ぎたヨンジュは口を開け、「ヨンジュさんを友達じゃなくて女性として好きなんです。」とビョンムンは勢いに任せ気持ちを伝える。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←74話     76話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ