韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ68話

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ68話

私はチャンボリ

今回の韓国ドラマはこちら!
私はチャンボリ
さっそく68話をご覧ください
私はチャンボリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ68話

倉庫の警備員を買収していたミンジョンは、ムン・ジサンがまだ生きていると知ると彼を議政府の病院に移すよう命令する。

ジェファたちが救急病院に駆けつけた時には、意識がなく点滴を受けていたというジサンの姿がなく、娘に会いに行くというメッセージだけが・・・。

ジサンおじさんに絵を渡すためピスルチェの前で待っていたピダンは、彼に頼まれたというタクシーの運転手に自分が描いた絵を託す。
ピダンとタクシー運転手のやり取りを目撃したミンジョンは、何を渡したのかと彼女を小突くがミンジョンが悪い人だと知っているピダンは、彼女をバカにし逆上させる。

ジサンから電話をもらっていたピダンは、当分忙しくて会えないという彼の指示に従いタクシー運転手に絵を渡したことをジェファ夫婦に説明する。

幼い頃の誤解が解けたジェファは、ジェヒを疑ってしまった事を後悔する。
弟の本当の優しさを知るジェファは、ミンジョンに騙されているジェヒが間違った道へ進まないかと心配し、兄に勝つためミンジョンと結婚してしまったジェヒにすまなく思う。

母さんたちの話を聞いてしまったピダンはジサンおじさんが事故に遭ったと焦り、彼に電話するが連絡がつかず仕方なくイナの携帯を借りてメールを送る。

ピダンとムン・ジサンの異常な関係に気づいたイナは、二人が親子関係かと疑ってしまうがボリの最愛の娘がミンジョンの子であるはずがないと疑惑を否定する。

ジョンハの行方を探しているパク先生は、彼が取引している薬剤店に行き、ジョンハが現れるのをひたすら待ち続ける。

秘密裏にジサンを議政府病院へ移送したミンジョンは、意識不明の彼に安心しこのまま死んでくれる事を願う。
しかし、とっくに意識を取り戻していたジサンは、看護師に協力してもらいミンジョンの前では重体のフリを。

ムン・ジサンの事故はジェヒの仕業かと疑うドンフは、息子を責めてしまい、何をやっても上手くいかないジェヒは「父さんとジェファのせいで僕はこんな人間になった。」と責任逃れする。

ミンジョンのせいで息子の立場が悪くなってしまったファヨンは、彼女をジェヒから引き離そうとするが、開き直ったミンジョンはジェヒがジサンを殺そうとしたと彼に罪をきせ私を捨てるなら全てバラしてやると義父母を脅す。
人の命に関わることで取引するような人間を許せないドンフは、孤児と偽り実母を隠していたミンジョンを責め協議離婚が出来なければ法定に持ち込むと宣言する。

ジェファに連絡してきたジサンは、ピダンのメールを見ているときに倉庫の荷物が崩れてきたと、ミンジョンに意図的に殺されかけた事を報告する。
ミンジョンのせいで弟が取り返しのつかない事をしてしまったかと悩んでいたジェファは、ジサンの言葉に救わる。

スポンサーリンク

薬剤店でヨモギを買ってきたパク・スミはジョンハの仕事を見ていたオクスなら、自分でヨモギ染めが出来るだろうと彼女に期待し、良質のヨモギを贈る。

大量のヨモギを見て何に使うのか不思議になったヘオクは、パク・スミがヨモギを持ってきた事をミンジョンに話してしまう。
逐一、娘に報告するヘオクを見かねたオクスは、娘の育て方を間違った彼女を責め「娘の人生を壊してるのはあなたなのよ。」とヘオクを説教する。

パク先生がオクスをひいきしたと思ったミンジョンは、ヨモギ染色をすれば競技会に勝てると思いジョンハに材料や染め方を教えてもらう事に。

人の命まで利用しようとするミンジョンと同じ空気も吸いたくないジェヒは、夫婦の部屋に鍵をかけミンジョンを締め出す。

娘たちの顔が見たいヘオクは、早朝にイ家を訪れワタリガニのスープを作ろうとするとヘオクを追いだそうとしたミンジョンは、生物に吐き気をもよおし念願の妊娠が出来たと母娘で喜ぶ。
ヘオク母娘を追いだそうとしていたファヨンは、嫁の妊娠話に焦りジェヒを問い詰める。

検査薬反応で妊娠を確かめたミンジョンは、「お義母さま産婦人科に連れて行ってくださいね。」と会長に聞こえるように話しかける。
ジサンから話を聞いたジェファは、彼が犯人の証拠を持っていると家族に報告し、ジェヒの力になる事を約束する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私はチャンボリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←67話     69話→

私はチャンボリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ