韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ59話

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ59話

私はチャンボリ

今回の韓国ドラマはこちら!
私はチャンボリ
さっそく59話をご覧ください
私はチャンボリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ59話

過去を盾に脅されているイナは、ミンジョンに爆弾を落とされるよりも彼女を弟子として認め針線匠選考で組んでオクスと勝負すると約束し、ミンジョンの腕が認められればピスルチェから追い出されることはないと説得する。

ウンビが大好きだったピスルチェの庭に祝賀の席を設けたスボンは、待ちくたびれてそわそわするジェファに準備が出来た娘を迎えに行くよう声をかける。

呼んだ覚えのないボリがピダンを連れて入ってくると、ファヨンは場違いなボリに迷惑がりジェファは状況が飲み込めずポカンとなる。
会長までもが「勝手に人を呼ぶのは先方に失礼だろ。」と説教し、「僕の妻の実家だ。」とジェヒも同調してジェファに怒る。
スボンからボリがウンビだと紹介されたジェファは、目の前の光景が信じられずボリの口から聞きたいと、ボリが話す二人だけの思い出に号泣する。

ミンジョンが、ボリを目の敵にする理由がようやく分かったジェヒは、「兄さんは本妻の子だから実の娘で俺は愛人の子だから勝てないんだ。」とミンジョンを恨む。
全部誤解だとジェヒを説得しようとするジェヒだったが、彼女の事が何もかも信じられなくなったジェヒは、身体に触れられるだけでも汚らわしく、すがるミンジョンを払いのける。

今ジェヒを逃しては完全に捨てられると必死なミンジョンは、自分の車に乗り彼を追いかけようとする。
そこへ、すかさず助手席に乗り込んできたジサンに負けてなるものかと抵抗するミンジョンだったが、ジェヒが車にGPSを付けているところを目撃した彼女は、この状況を逆手にとりジェヒの気持ちを取り戻そうとする。

会長夫婦をピスルチェに招待したスボンの真意は、ウンビの披露ではなくミンジョンの離縁だった。

ジサンの罠にかかったと見せかけて彼の言うとおりに廃屋の工場にやってきたミンジョンは、ジサンを逆上させるように仕向け、彼に気づかれないようにジェヒに助けを求める。

 ”ジサンに殺される、助けて”とミンジョンからのメールに、さすがのジェヒも彼女を助けようと駆けつけるがジサンが流すミンジョンとのラブラブな映像を見て、「あなたを愛してるの。」とすがりつくミンジョンを憎悪する。

何としてもジェヒとの離婚だけは避けたいミンジョンは、愛がなくてもいいからと彼の目標であるピスルチェを手に入れるまで利用して欲しいと迫り、疑いの目で見るジェヒにファヨンがジェファの母を殺したと不安をあおる。

スポンサーリンク

ボリがウンビと分かったジェファは、「俺は本当に人を見る目があるな。」と自画自賛。
ピスルチェの娘となれたウンビはジェファへの愛も遠慮せず、「前から、やりたかった事があるの。」とジェファの顔を優しく包み濃厚なキスをする。

奥手なウンビの積極的な行動に舞い上がったジェファは、「他にやりたい事はないか?」と声も震え、ジェファに甘えたかったウンビは、彼の後ろから抱きつき広い背中に顔をうずめる。

イナがピダンを受け入れ世話までやいてくれる事にボリは感謝し、他人行儀にお礼を言う。
ボリにウンビの座を盗られると恐れていたイナは、今まで辛くあたった事を謝り自分が道を誤ったせいでピスルチェをウンビに残せなくなるかもしれないとウンビの気持ちを引き締める。

事情があってミンジョンと組まなければいけない というイナは針線匠の選考でウンビはオクスと組み自分の力で勝ち取ってほしいと期待をかける。

母が脅迫されている事を知っているウンビは、自分の力で母を助けようと考える。

ボリがピスルチェの娘だと分かれば子連れであっても承諾するしかない、と会長はジェファの結婚を認め、ジョンランは「叔母の私より先に結婚式をあげるなんて。」と喜んでいいのか泣いていいのか。

 ”コンコンコン 俺は 赤い目をしたオオカミだぞ・・・” ボリをアレほど悩ませた謎の声は、ピダンを可愛がる優しいおばあさんの声と分かり、ボリはピスルチェに戻れた幸せをしみじみと実感する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私はチャンボリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←58話     60話→

私はチャンボリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ