韓国ドラマ ビューティフルマインド あらすじ13話

韓国ドラマ ビューティフルマインド あらすじ13話

ビューティフルマインド

今回の韓国ドラマはこちら!
ビューティフルマインド
さっそく13話をご覧ください
ビューティフルマインド あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ビューティフルマインド あらすじ13話

遺伝性の病気だと確信したヨンオは、会長を助けることをチラつかせ、理事長を利用してヒョンソン病院へ復帰する。

理事長は最近、胸が膨らんできたりと自分の体に起こっている異変に不安を感じていた。
どうやらそれは、この遺伝の病気によるホルモンバランスが崩れることが原因なようです。
(やれ女だとか、ジェンダーレスの本だとか、まったく意味が分からず困惑していましたが、遺伝の病気によるところが原因だとわかりました。(^_^;))

ヨンオの助けを得て父を救うことができた理事長。
命を救ったことでやっと認めてもらえたと思いきや、「だからお前は甘いんだ。遺伝子事業は金になるとなんでわからなかった?遺伝子事業の準備をしろと兄に伝えろ。」と相変わらずの爪はじき扱いをされ、あのおいぼれが死ぬ前に自分の実力を認めさせてやると苛立つ。
(再生医療の認可を急ぐ。←認可を受ければ莫大な金を稼げる。)

一方で、病院長の死を無駄にしないため、再捜査を計画するジンソン。
世の中を巻き込めば、病院側も黙ってられなくなると考え、ヨンオから預かったUSBをソクジュに渡し、協力を依頼する。

ユンギョンの娘であるジアンの容体が急変し、残念ながら亡くなってしまう。
彼女を助けられなかったソクジュは絶望し放心状態に。
ジアンの死を悼むソクジュは、世の中にいる似たような多くの患者を救うことができるならと、再生医療の発表記者会見に協力する。

再捜査に向けて協力してくれるはずだったソクジュが、一転してスンホ室長側につき、裏切られてしまったジンソン。
交通整理中だった彼女は、街頭に大きく映し出されたテレビを見てショックを受ける。
(記者会見で、ソクジュが再生医療について成功したと語っていた。)

再生医療の実験は失敗したんじゃなかったのか・・・?
副作用がどうとか言ってたし。
研究室の後輩は、「今のところ成功です!」ってソクジュに自慢してましたが・・・本当に成功なの?

再生医療の実験は成功で、世の中の患者を助けられると判断したからソクジュは協力した。
そして、再生医療を広めるためには、その背景で起きた事件(病院長殺害事件)を再捜査されると困るから、ジンソンを裏切った。
ってことであってるのだろうか・・・(´・ω・`)?

そして、ゴンミョンとヨンオの出会いが明らかに!

スポンサーリンク

1988年。
ヒョンソン病院の地方医院で働いていたゴンミョン。
彼の元に、養護施設の男に連れられ、頭を抱えて痛がっているヨンオがやってくる。

この当時、ゴンミョンには”ヒョン”という本当の息子がいた。
息子と同じ病気だと判断したゴンミョンは、親に捨てられ引き取り手がいないヨンオの事を実験台に使う。

手術をした際に前頭葉を傷つけてしまい、ヨンオは感情中枢が働かなくなった。
そして、ゴンミョンが手術室にいる間に、本当の息子は亡くなってしまう。
(ヒョンを助けるためにヨンオで実験したのに、本末転倒になってしまった。前頭葉を傷つけてしまったのは完全にミスだと思われます。)

「あの子は一生、感情中枢が働かない。これは完全に医療ミスだ。」
同僚医師に、「保護者に報告するべきだ」と促されたゴンミョンは、亡くなった本当の息子の代わりにヨンオを引き取り、保護者となって彼を育てていくことを決める。
(親に捨てられたヨンオを引き取ると言えば良く聞こえますが、結局のところ、ヨンオを利用したのと医療ミスを隠すために保護者になったのでは?)

ゴンミョンもさ、結局いい人なのか悪い人なのかわからないんだよね。
患者を利用するなとかヨンオに偉そうな事言っといて、結局自分も利用してるわけだし。
モヤモヤするわ。
とりあえず、ヨンオが感情を失ってしまったのは、ゴンミョンのせいだということが発覚しました。

話は現在に戻り、ゴンミョンが新たな病院長に就任する。
自分が病院長に就任すると思っていたスンホ室長は、それをよしと思わず不服そうな表情。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ビューティフルマインド」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

ビューティフルマインド あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ビューティフルマインド」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
ビューティフルマインド 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • マイリトルベイビー

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ