韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ116話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ116話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく116話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ116話

ジョンイムの病室に入り、彼女の息の根をとめようとしたヘビン。
予測したとおり彼女が病室にやってくると、ヒョンソンは、ヘビンの当て逃げを確信し、ハン・ジョンイムに指一本触れるなと警告する。

ユン弁護士が亡くなった以上、秘密を握るジョンイムに死なれてしまっては困るヒョンソンは、あの世に逝くのなら秘密を話してからだと意識のないジョンイムを脅す。

ジョンイムの病室から出てきた兄を見たヒョヌは、彼が危害を加えたのではと焦り、病室を点検する。

ちょっとした欲を出してしまいヒョンソンに買収されてしまったカン刑事は、自分の判断で被害者の過失として事件を処理するが、「俺の提案を受け入れた以上勝手なことをするな」とヒョンソンに動きを封じられる。

当て逃げだった事故が急に被害者の過失として処理されると、弁護士として納得のいかないヒョヌは、新しい証拠でも出たのかとカン刑事を責めるが、ヒョンソンとヘビンの両方から責められる刑事は、どうにも動けずヘビンの呼び出しに仕方なく駆けつける。

ヒョヌが見舞いにきたので気を利かせたボンソンは、彼に付き添いを任せ、ヨン秘書と一緒に休憩にでる。

ト家を守りたいチェ秘書は、ヘビンの犯罪を隠し、彼女のアリバイを偽装してジュンテに報告する。

半身不随となり車イス生活をおくるスンマンは、また薬を飲むことを嫌がり、手に負えないオクジャはジュンテに助けを求める。
「豪邸に住んでいても健康じゃなきゃ意味ないわ」と上から目線のオクジャをミョンエは何をぶつくさ言ってるのかと突っ込み、私の娘の悪口を言ってたのではとケンカになる。

ジョンイムが事故に遭ったのは江原道からの帰り道だったと聞いたムヨンは、ユン弁護士の件と関わりがありそうだと考え、彼の話をしていたヒョンソンが事故に関係しているのではと疑う。

買収したカン刑事がヒョンソンに情報を漏らしたと思っていたヘビンだが、刑事はヒョンソンから話を聞いたと説明し、夫に事故のことを知られているとヘビンは恐れる。

どうやって事故のことを知ったのか、ヒョンソンの見えない力を恐れるヘビンは、彼こそが私の命綱を握っていると怯える。

生死を彷徨うジョンイム。 ヒョンソン夫婦の言い争いで事故の記憶がよみがえってきた彼女は、停車していた車に激突したあと別の白い車にはねられたことを思い出す。
耳元ではジョンイムを問い詰めるパク・ヒョンソンの声が鳴り響き、彼が現場にいたことを思い出したジョンイムは、意識を取り戻す。

スポンサーリンク

KPにやってきたカン刑事を見かけたヒョンソンは、刑事がヘビンだけでなくジュンテからもおカネをせしめようとしていると思い、会長室から出てきた彼に警告する。

ト・ジュンテ会長から呼び出された刑事は、ヒョンソンが指示したとおりに話をしたと答え、万が一ジョンイムが目を覚ましてもヒョンソンが轢いたことは絶対にしゃべらないと約束する。

ユン・ギルチュンの死を報告受けたジュンテは、彼が死ぬ前に秘密を漏らしたのはパク・ヒョンソンではなくジョンイムだと知り驚く。

ジョンイムを嫌っている兄が病室に来たことを怪しんでいるヒョヌは、ヒョンソンを問い詰めに副社長室に行く。
自分の犯行を隠そうとするヒョンソンは、ジュンテに罪を着せ、秘密を知ったジョンイムをジュンテの手の者が止めようとして彼女が事故に遭ったと説明する。

犯人が兄なのかジュンテなのか、判断がつかないヒョヌは、彼女を傷つけたやつを絶対許さないと憤り、罪を償わせてやると意識のないジョンイムに約束する。
真相を知っているジョンイムは、意識を取り戻していたがヒョヌの前では目を閉じ、意識のないふりをしていた。

父の遺言状を偽造したジュンテ。彼がその秘密を守るためにジョンイムを傷つけたと思ったヒョヌは、「僕の全てを賭けて戦います」とジュンテに宣言する。
「絶対にあなたの思いどおりにはさせない。」

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←115話     117話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • マイリトルベイビー

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ