韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ107話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ107話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく107話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ107話

ヘビンから脅されたジョンイムは、携帯メモリーのことをジュンテに正直に話し、誰も傷つけたくないと相談していたのだ。
ジュンテが贈ったネックレスをジョンイムは付けることなく、彼女の気持ちを確認したジュンテは、携帯に入っていたメモリーをヘビンに渡すようジョンイムに差し出す。。

「誰も傷つかない方法などない」冷めたジュンテの考えに、彼が何を考えているのか怖くなるジョンイム。
渡されたメモリーは暗号化され、これがどういう凶器になるのか想像もつかないジョンイムは、ジュンテが何をしようとしているのかまったく想像もつかず不安をおぼえる。

スクチャから働き口が見つかったと連絡を受けたオクジャは、友達に会いにいくと嘘をついて家を出てくる。

ヘビンから家政婦選びを一任されていたミョンエは、自分が面接を取り仕切れると思っていたらスンマンが同席すると聞き、馬鹿らしくて面接を放棄する。

ト家の面接を受けにきたオクジャは、3倍の競争率に二人をどうして出し抜こうかと台所に入って気分を落ち着ける。
金持ちであっても地味な服装のスンマンを家政婦志願者と間違えたオクジャは、彼女を蹴落とそうと、「家政婦は見た目ではなく実務経験が重要よ」と力説する。

仕事もせず妄想ばかりにとりつかれているムヨンは、おしゃれしてでかけていった母を恋人でもいるのかと疑い、ミヨンに相談すると、「暇だから変なことばかり考えるのよ」と馬鹿にされる。

ご飯を食べてもお腹はグーグー、いつも空腹状態なボンソンに、彼女の体調を熟知したヨン秘書がタイミングよく差し入れを持ってやってくる。
ボンソンカップルに気を遣ったジョンイムは、一人で展示室に行き、掛けてあった天使の絵を見て、自分を救い出そうとするヒョヌの告白を思い出す。
テレパシーでも通じたのか、振り返るとそこに爽やかな笑顔のヒョヌが立っており、現実の世界を忘れそうになるジョンイム。

家政婦の選択に苦慮したスンマンは履歴書読みに没頭し、ボールペンを落としたひょうしにベッドの下に置いてあった折り鶴のガラスボールを見つける。
認知状態の記憶がない彼女は不思議に思い、ジュンテは、子供たちからの贈り物だとごまかす。
ささいなことでもショックにつながるのではと心配したジュンテは、病気を思い出させる物は捨てるようにとチェ秘書に命令する。

ジュンテが差し出した情報は、彼への凶器ではなく「お前が倒したい人物を攻撃できる物だ」と言われ、ヘビンは、自分の職場復帰を条件にヒョンソンにジュンテのメモリーを渡す。
凶器はヒョンソンを倒すのか、それともジョンイムを窮地に追いやるのか。兄の言葉を信じたヘビンは、事の成り行きを楽しみに見守る。

スポンサーリンク

メモリーを手に入れたヒョンソンは、この保安キーがあればジュンテの裏口座が証明できるとあり、理事会前のタイミングを見計らいメモリーを匿名で検察に提出する。

ヘビンの取引でまた元の戦略企画室チーム長に復帰したムヨンは、彼らを利用し最高の地位へ上り詰めようと野心を抱く。
まだいじめ問題のほとぼりが冷めないヘビンは、理事会に参加できず、その代わりジュンテの放った矢がどういう結果になるのか、ジョンイムの驚く顔を見るためギャラリーにやってくる。

ヒョンソンの腹心でありヘビンに寝返ったと見せかけたキム弁護士の本当の主は、ト・ジュンテ会長だった。
彼の思惑どおり、ヒョンソンがメモリーを検察に提出すると、理事会を前に検察が逮捕状を出したのは、ヒョンソンの宝物である弟のヒョヌだった。
業務上横領の疑いでヒョヌは逮捕され、何かの間違いだと弟を守ろうとするヒョンソン。

あの、メモリーのせいでヒョヌが検察に捕まったと知ったジョンイムは・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←106話     108話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 鳴かない鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ