韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ106話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ106話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく106話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ106話

スンマン先生の回顧展を理由にジュンテを呼び出したジョンイムは、ヘビンから写真の件で脅されていると彼に相談する。

不眠症のせいか精神的バランスの崩れたミョンエは、穏やかな音楽を聴いただけで号泣し、自分の人生は情けないものだと悲観に暮れる。
ゴシップ好きの母には医者より面白いネタが一番。
ジョンイムの密会写真を見せると、ミョンエは目をキラキラ輝かせ、ジョンイムは二股かけていたのかと面白がる。

次の理事会でジュンテの失脚を狙うヒョンソンは、彼の父親であるパク・ジンスの遺言状を持っているユン弁護士を捜すよう指示するが、パク会長を裏切り遺言状を偽装した犯人ユン弁護士は長年消息がわからず、海外逃亡か死亡した可能性があるとキム弁護士は消極的。

しかし、暴力でジュンテを失脚させるより正当な名分を持ってクーデターを成功させたいヒョンソンは、ユン弁護士の死亡を確認するまでは諦めたくないとキム弁護士に頼む。

ジョンイムを家に呼びたくなったスンマンは、薬飯が食べたくなったと口実を作り彼女に来てもらう。
スンマンは将来の嫁と台所に立ちたがるが、まだ病み上がりの先生に無理をさせられないジョンイムは、一人で作ると言い張り、スンマンは代わりにジュンテに手伝いをさせる。
慣れない手つきで包丁を握るジュンテ。ジョンイムは作り方を丁寧に教え、二人のほほえましい姿をスンマンは幸せそうに見つめる。

あまりにも厳重警戒するムヨンを見て、彼を持っている写真が相当なネタだと睨んだヒョンソンは、会社へ来るようムヨンに電話をかけ、彼の返事も確かめずいっぽうてきに電話をきる。

ギャラリーの作品を横流しして収入を得ているミヨンは、身に付けているものがブランドばかりでボンソンに怪しまれるが、人から借りた物だというとボンソンはあっさり嘘を信じる。

ジョンイムの首にあるヒョヌのプレゼントが目障りなジュンテは、彼女のために高価なネックレスを贈り、感謝の印だと言って渡す。
「これを付けた姿を見せてほしい」とジュンテにせがまれてもヒョヌからの指輪を外せないジョンイムは「この服装に合わない気がします」と遠回りにジュンテの頼みを拒む。

料理初心者のジュンテが見た目は悪くても何とかさまになる薬飯をつくり、家族みんな居間で食べようとするスンマン。
ジョンイムの顔を見たくないヘビン母娘だけは2階に閉じこもり、ジョンイムたちはヒョンソン兄弟と一緒に薬飯を食べる。
息子の作ってもらった薬飯に感動したスンマンは、1月15日に食べるという薬飯の言い伝えを息子たちに語る。

カラスのおかげで災難を逃れたという新羅のソジ王は、1月15日になるとカラスと同じ色の黒い食材を入れた薬飯を作り、祭祀を行ってカラスに与える。
ある日、王が臣下を連れて外出するとカラスの大群が現れ、1羽のカラスが袋を落としていった。
”中を見れば二人が死に、見なければ一人が死ぬ”と書かれたメッセージを見て、ソジ王は悩んだ末、袋の中を見てしまう。

スポンサーリンク

袋の中にはもう一枚のメッセージが記され、”今すぐ宮殿に戻り琴の箱を射よ!”と告げられたソジ王は、宮殿に戻り、放った矢に射貫かれた謀反を企む王妃と臣下に気付く。

1羽のカラスのおかげで災難を逃れたソジ王は、カラスに感謝し祭祀を行ったというのだが、同じ言い伝えを母から教えてもらったヘビンは、カラスに教えられる以前に王は二人の謀反を知り、わざと二人を殺したのだと王をジュンテにたとえ皮肉る。

ヒョンソンに呼び出されたムヨンは、また以前のように好条件で二重スパイを提案され、少しでも多くのものを手に入れたい彼は、即答を迷う。
都合が悪くなれば周りを切り捨てるヒョンソン。感情的で失敗ばかりするヘビンでも、死ぬときは一緒のほうがいいと考えたムヨンは、ヒョンソンから提案された取引をヘビンに報告する。

ジョンイムからジュンテのメモリーを手に入れたヘビンは、裏工作ばかりする夫よりも約束を守るジュンテのほうがマシだと、彼に会いジョンイムの裏切りを伝える。

顔色一つかえずヘビンの話を余裕で聞いていたジュンテは、ジョンイムが裏切ったのではなく、メモリーは自分が渡した物だとヘビンを驚かせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←105話     107話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ