韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ102話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ102話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく102話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ102話

イベントで疲れたジョンイムのためにヒョヌは手作り料理を振る舞うため、ヨン秘書と一緒にジョンイムの家にいく。
ヒョヌのように料理が作れないヨン秘書は、私には何もしてくれないのと拗ねているボンソンに得意のマッサージでサービスをする。
ハンバーグも出来上がり、ジョンイムの帰りを待ちわびていたヒョヌは、彼女に電話をしてスンマン理事長の体調が急変したと聞きト家に急ぐ。

主治医のキム先生から事前にスンマンの容態を聞いていたヒョンソンは、意識が戻った彼女にジュンテの結婚を知らせるよう指示する。

スンマンを利用し、ジョンイムを諦めさせようとするヒョンソンだが、兄の仕業に気付いたヒョヌは、何があってもジョンイムさんを諦めないとヒョンソンに宣言する。

ジョンイムがイベント参加している間に館長室で結婚契約書を探すヘビン母娘。
館長室にある隠し金庫なら契約書があるはずだと目星をつけたミョンエたちだが、そこへ資料を取りに来たボンソンカップルが現れ、物音に気付いたヘビン母娘は館長デスクの下に隠れる。

人の声がしたようだとボンソンが館長室を確認するが、誰もおらずミョンエがオナラをしてもヨン秘書のせいだと勘違いしたボンソンは二人の存在に気付かず帰ってしまう。
肝を冷やしたヘビン母娘だが、肝心の隠し金庫の中には書類一枚入っておらず、残るは、ジョンイムの家を捜索するしかないとヘビンはムヨンを利用する。

帰宅したヘビン母娘はスンマンの意識が正常に戻ったと知り、動揺を隠せないが、過去のことは覚えているのに2年前のことを問い詰めなスンマンを見て、病気が治ったのではなく以前のように一時的に記憶が復活しただけなのではと、はかない望みを抱く。

安静が必要な母に契約結婚のことを知られたくないジュンテは、ジョンイムに頼み契約のことは当分内緒にするようお願いする。
スンマン先生を心配してそのまま寝入ってしまったジョンイムに、ヒョヌが毛布をかぶせ、ちょうど彼女のために毛布を取りに行っていたジュンテは複雑な気分。
遅くなった彼女を送るように車を待機させても、運転手と話をつけたヒョヌがジョンイムを待っており、ジュンテの思いやりは実を結ばない。

ジョンイムにとってヒョンソンは戦う相手であってもヒョヌには大切な兄。
兄弟の仲を裂きたくないジョンイムは、ヒョヌを気遣うが、二人とも僕にとっては特別な人と言われると、ジョンイムは彼の優しさを拒否できなくなる。

2年前の状態に戻ったスンマンは、嫌な記憶だけは思い出さず、姿の見えないミンジュが留学中と言われ、そのままヒョンソンの説明を素直に信じる。
ジュンテとジョンイムの結婚は最高の贈り物だと喜ぶ理事長に、自分の気持ちを明かせないヒョヌは、落ち込む。
2年前の状況に戻ったとなると、居候しているミョンエとしては居場所がなく食事も2階で寂しくのけ者のように食べる。

スポンサーリンク

ヒョンソンにとって好都合でもジョンイムが義姉などになってしまったら復讐はおろか、彼女と家族になってしまうヘビンは、何としても契約書を探しだし二人の仲を裂こうとする。

ジョンイムに近づくことが難しいヒョンソンは、ミヨンを言いくるめ結婚契約書を盗み出すように頼む。

ジョンイムの契約結婚を知ったムヨンは、ヘビンの取引とは関係なく、ジョンイムを結婚させてなるものかと契約書探しを引き受ける。

ジョンイムの家は暗証番号が昔のままで簡単に侵入できたミヨンは、ソユンの部屋にあった鍵のかかっている戸棚をこじ開けようとする。
しかし、その時玄関ロックの音が聞こえとっさにクローゼットの中に隠れる。
似たもの兄妹のムヨンは、少し遅れてジョンイムの家に入り、契約書を探す。

ミヨンと同じく鍵のかかっている戸棚に気付いたムヨンは、ヘアピンで鍵をこじ開け契約書を見つけ出すが、その時クローゼットの中からシャックリが聞こえ、ビックリしたところに本当にジョンイムが帰ってくる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←101話     103話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ