韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ86話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ86話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく86話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ86話

ジョンイムの気持ちが自分に傾きかけているとヒョヌに話したジュンテは、彼女と特別なディナーをとるとヒョヌに教える。
ジョンイムが指輪を返そうとしたその時、ジュンテは彼女の手を握りしめ、店の外から二人の様子を見ていたヒョヌは、ジョンイムがジュンテの気持ちを受け入れたと勘違いする。

倉庫で箱が崩れてきたときもジュンテがジョンイムを守ってくれた。
契約結婚だと思っていた二人が、心を通わせた仲になりそうでヒョヌは苦しむ。

ジュンテを本当の意味で幸せにできないジョンイムは、安易に契約したことを後悔し、契約破棄を申し出るが、彼女をつなぎ止めておきたいジュンテは、本当に結婚しなくてもいいからと契約の続行を訴える。
「世間に結婚すると思わせるだけでいいんだ」

結婚発表して間もなくの破談では逆効果だと訴えるジュンテは、世間の関心が薄れるまでは対外的に契約を維持しようとジョンイムを説得する。

ジョンイムはジュンテと本当に結婚してしまうのだろうか、彼女がジュンテからもらった指輪をはめているのではと不安にかられつつも、ジョンイム本人から本当の気持ちを聞きたかったヒョヌはアパートの前で彼女を待ち伏せ、帰ってきたジョンイムをカフェに誘う。

指輪をはめていないジョンイムの手を見て安心するヒョヌ。彼はレストランに行ったことを明かし、自分の情けない気持ちを彼女に吐露するが、ジョンイムに会ってみて、彼女の元気な姿を見るだけで安心したと喜ぶ。。

これ以上彼を側においておいては傷つけてしまうと恐れたジョンイムは、会長から指輪を受け取ったと嘘をつき、サイズが合わなかったからはめていないだけだとヒョヌに説明する。

娘を助けられなかったジョンイムは、人に愛される資格はないと自分を卑下し、ヒョヌの気持ちを受け止める資格がないんだとボンソンに話す。

はぶりのいいドンシクから、頼みに頼みこんでダイヤ投資の情報を教えてもらうムヨン。
ジョンイムに見捨てられた腹いせに大儲けするぞと彼女に電話をかけたムヨンは、居酒屋で酔いつぶれたヒョヌを発見し、起こしても起きないので、そのまま無視して帰る。

ヒョヌが店にいると知ったジョンイムは、見過ごすことができず彼がいる店に向かい、苦しむヒョヌを痛々しくみつめる。
大きな背中をさすり、涙のあとをぬぐうジョンイム。
ヒョヌはうわごとでジョンイムの名前を呼び、「私のために苦しまないで」とジョンイムはささやき胸を痛める。
優しい温もりに目覚めたヒョヌは、「傷ついても君のそばにいたい」と彼女の白い頬を手で包み、切なく見つめる。

ジョンイムと一緒にいたのは夢だったのか、翌朝目が覚めるとヒョヌは自宅のベッドにおり、ヨン秘書が一人で酔いつぶれていたヒョヌを連れ帰ったというのだ。
ジョンイムから口止めされたヨン秘書は、坊ちゃんを苦しませないためにも昨夜のことは夢だったとヒョヌに思わせる。

アメリカにいるピーターはドンイの居場所を見つけ、ジョンイムはスケジュールが調整でき次第、アメリカに行って直接ドンイに会おうとする。

ドンイの父親は、慣れない外国暮らしでおカネがかかり、ヘビンに追加の資金を要求してきたが、すでに十分なおカネを渡しているヘビンは出し渋る。

最後の希望であり、唯一の証人である彼女を逃せないジョンイムは、人任せにはできず、ドンイに直接会って説得を試みようとする。
アメリカ行きをヘビンに疑われないためにもジョンイムはピーターと展示会を企画し、仕事の一環でアメリカに行くよう見せかける。

お手伝いさんが不眠症のジュンテのために”なつめ”の汁を用意していると、眠れず苦痛に悩んでいたミョンエは、こっそりなつめ汁を飲んでしまう。
悪いことをしているときに限って現れるスンマンは、ミョンエを驚かせ、彼女の服が濡れてしまったのでスンマンは私の服をあげるからとミョンエを連れていく。

スポンサーリンク

ジョンイムのアメリカ行きを知ったヘビンは、念のためアメリカのどこに彼女が行くのかチェ秘書に調べさせる。

ドンイの父に仕方なくおカネを送金したヘビンだが、味を占めた彼はそれでも足りなく、もっとおカネを送るよう要求してくる。

ダイヤに投資したムヨンは、これで大もうけできると確信しヘビンに辞表をたたきつける。
「あんたは金づるじゃなくて腐ったロープだった」
今や愛人関係ではなくただの奴隷だったムヨンは、たまりにたまった鬱憤を吐き出し、かっこよくKPを退職する。

ヒョヌに会うための口実を作ったミヨンは、友人が困っているから法的な対処法を教えてほしいとヒョヌに頼みにくる。
ヒョンソンに焼き餅を焼かせようと携帯を通話中にしたミヨンは、シャツのボタンが取れかけているわとヒョヌに接近し、彼のワイシャツを引きちぎる。

弟を守ろうとヒョヌのところにやってきたヒョンソンは、胸元がはだけたヒョヌに驚き、ミヨンを非常階段に連れ出す。
ミヨンが何をしようが嫉妬さえもしてくれないヒョンソン。「面倒な女の処理に困っている」とミ彼はヨンを軽蔑する。

ヒョヌの気持ちを知ったジュンテは、ギャラリー顧問を別の弁護士に任せ、ヒョヌのアメリカ支店への異動を提案する。
人事権は会長の特権であっても異動先が海外となると法的には独断では決められず、ヒョヌは、事前通達や本人の同意がなければ海外へ配属させられないと法的根拠で反論する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←85話     87話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 鳴かない鳥

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ