韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ75話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ75話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく75話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ75話

ソユンの日記には、ミンジュの悪質なイジメの数々が詳細に書かれていた。

ヒョンソンの子供を失ったミヨンは、ギャラリーを休み、オクジャは不憫な娘のためにワカメスープを作るが、ミヨンは何も口にせず泣きくれる。

ミヨンの相手がヨン秘書でなければ、パク・ヒョンソンかと疑うムヨン。
しかし、ミヨンは彼と関係がないのに、わざわざ流産したことを言いふらすのかと兄に怒り、ヒョンソンの無実を訴える。

子供を亡くしたミヨンは、ヒョンソンの声が聞きたくなり彼に電話をかけるが、面倒なミヨンの電話にでたヒョンソンは、勤務時間だからと電話を簡単に切る。
妊娠しても冷たかった彼が流産を知ればどうなるのか、怖くて真実を告げられないミヨン。

ソユンをいじめていたのがヘビンの娘ミンジュと知ったボンソンは、暴力をふるってでも真実を吐かせてやると憤るが、汚い手を使うヘビンがそんなことで罪を償うはずがなく、ジョンイムは、下手に動けばソユンの死の真相が闇に葬られてしまうと恐れる。

ソユンを連れ出した犯人が写っていたUSB。看護師が残したメモを思い出したジョンイムは、ソユンの転落事故には、何か隠された秘密があるに違いないと思い、失ったUSBを捜し出そうとする。

モンセンイ、子馬ちゃんの思い出がつまる秘密の場所の絵を汚してしまったスンマン先生は泣いてばかり。
ジュンテは母を励ますために、あの絵と同じ物を描いてほしいとジョンイムに頼み、報酬ならいくらでも払うというジュンテに、ジョンイムはおカネではなく別のお願いがあるとジュンテに話す。

辞表を破られてもヒョヌの気持ちは変わらず、ヒョンソンが引き留めても彼はKPを出ていってしまう。
ジョンイムを助けることで兄と彼女を守れると信じるヒョヌ。ヨン秘書には一人になった兄を支えてほしいと彼にヒョンソンのことを託す。

友達をいじめるという役柄はミンジュにとって経験豊富で素のままでも演技でき、彼女はオーディションに見事合格する。

先代の会長から仕えているというチェ秘書は、ト家のことならなんでも知っており、ジョンイムは彼が二重スパイではなく、ただト家の人間に仕えているだけなのかもしれないと考える。

ミンジュの担任はなかなか計算高く、搾り取れるところからはもれなくしぼり取る。
彼女に弱みを握られたヘビンは、監査を受けるという担任をかばい、彼女は教育界になくてはならない人だと教育庁に進言する。

ミンジュの女優デビューが決まり、ヒョヌは人を虐める役ではなくもっと純粋な役もあったんじゃないかと心配するが、すっかりプロ気取りのミンジュは役柄を選ぶようでは一人前ではないと言い返す。
ヒョヌがいくら優しくしてくれても所詮彼はミンジュの叔父であるに変わりない。現実を直視したジョンイムは、ヒョヌと距離をおく。

ミンジュのサイトには早速批判的な投稿が届き、
”役柄ではなく本当にいじめたよね”
”演技しなくても素でいけるじゃない”というコメントにミンジュは何とかしてほしいとヘビンに泣きつく。

スポンサーリンク

ミンジュの投稿サイトにイジメの噂が膨れあがってもそれだけでは罪に問えず、ジョンムは証拠のUSBをなんとしても手に入れなければと、チェ秘書の関与をボンソンと話し合っていた。
ジョンイムの電話を聞いていたヘビンは、処分したはずのファイルが存在するならチェ秘書がコピーしやに違いないと彼を問い詰める。

ト家に仕える忠実な秘書として、ヘビンの命令を無視できないチェ秘書は、コピーファイルをヘビンに渡そうとするが、待ち合わせであるカフェの前で見知らぬ男性とぶつかり、落としたUSBを拾い上げる。

ミンジュの暴行致傷に、ムヨン母の殺人偽装、数々の尻ぬぐいを彼に助けてもらっていたヘビンは、今までの働きに免じ彼がファイルコピーしたことを不問に付す。

ヘビンは彼から渡されたUSBを、今回も確認することなくコーヒーカップに沈め、証拠は消し去ったと安心する。

チェ秘書にぶつかった男は、ジョンイムが依頼した便利屋だった。
気付かれることなくUSBを手に入れた彼は、変装して待ち構えていたジョンイムにUSBを渡す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←74話     76話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ