韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ60話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ60話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく60話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ60話

まだミヨンに利用価値があるヒョンソンは、彼女の機嫌を直そうと抱きしめ、苦しい胸の内を明かし、彼女を愛していると信じ込ませる。

二人の会話を聞いていたジョンイムたちは、ミヨンの偽証がヒョンソンとの不倫が原因だったと知り呆れる。。

妹の不倫をとやかく言ったところで、自分もヘビンに腑抜けにされ妻子を失ったムヨンとしては偉そうなことは言えず、ミヨンの説得しようとしても「ト・ヘビンの召使いのくせに」と逆に言い返される。

「本当はムードのあるところで渡したかったんだ」とヒョンソンが用意していたダイヤの指輪をプレゼントされると、彼の愛は本物だとミヨンは信じてしまい、彼への独占欲が増していく。

おしどり夫婦を売りにしているヒョンソンたちに、不倫がバレればダメージを与えられるのではと考えるボンソンだが、新聞社にたれ込んだところで力のあるヒョンソンに握りつぶされるに決まっている。
ムヨン兄妹にヒョンソン夫婦。ジョンイムは不倫カップル同士の急所を利用し、復讐に使おうと計画をねる。

噂好きな奥さま連中に、江南の店で指輪を買っているところを見られたヒョンソンは、「私への贈り物じゃないの?」とヘビンから追求され賄賂用の品物だとごまかす。

スンマンが息子のために手袋を編んでいると、ジョンイムが編んでいる手袋は誰の物かと気になるヒョヌだが、彼女に聞いたところで、「早く出勤したら?」と冷たいお返事。
「言ってきます」と声をかけてもジョンイムが無視するので、「ちゃんと返事しなさい」と気を利かせたスンマンがジョンイムを言い聞かせる。

母がスンマンの介護する姿など見たくないヘビンだが、ミョンエが食卓にいないとそれはそれで心配になり、母と一緒に朝食を食べようとするが、館長は朝早くに外出していた。

グレース・ハンとのコラボ合戦でヘビンとヒョンソンが取り合いをしていると聞くと、ジュンテは、両者を戦わせ利益を得ようとするジョンイムを”二虎競食の計”かと感心する。

出勤前に工房に寄って少しでもイーゼル作りを進めたかったヒョヌは、あまりにも没頭してしまい就業時間を忘れる。

副社長であれ、妹をもてあそんだヒョンソンに立ち向かうムヨンは、上司であろうとお構いなし。
副社長室に乱入してきたムヨンは、「お前は詐欺師だ、純粋な妹を利用するな」と大声をあげ、ヒョンソンを殴りつける。
ヒョンソンに会いに来たミヨンは、彼を傷つけた兄にキレ、「私が死んでもいいの」とバッグで何度もなぐりつける。

妹の不倫がヘビンにバレれば、彼女に半殺しの目に遭うのではと怯えるムヨン。

ヘビンとグレース・ハンとの企画は順調に進み、あとは契約書を交わすだけとなる。

スポンサーリンク

ジョンイムを遠ざけようにも、ヒョヌのほうが彼女にぞっこんではどうにも手のだしようがないヒョンソンは、親代わりの頼みを聞いてくれとヒョヌに3回だけ見合いをするよう懇願する。

スンマンの相手をしていて昼寝をしてしまったミョンエ。彼女のもっちりした肌はキャンバスに最適で、スンマンは眼鏡にハイビスカス、ミョンエの顔に落書きする。

スンマンに文句を言っても、ジョンイムに見つかってしまい謝罪させられるミョンエ。
まるで小姑にでもいびられてる気分なミョンエは、ヘビンに泣きつき電話をかけるが、忙しい娘に取り合ってもらえず、また今日も電話を切られる。

娘にまで馬鹿にされたミョンエは行くところがなくオクジェ姉さんに泣きつく。
シラフで話なんかできないミョンエは今夜も酒盛りをはじめ、ジョンイムからの電話も無視する。

グレース・ハンとの契約にこぎ着けたヘビンは、ムヨンを伴い彼女と契約書を交わそうとピーターに案内された部屋にやってくる。
そこには大きな帽子を被り、顔を隠したジョンイムが二人を待ち構えていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←59話     61話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ