韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ4話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ4話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく4話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ4話

デジカメの修理が終わり持ち主のヘビンに一刻も早く知らしようとするジョンイム。
先日は、恋人の写真が見られなくなったと大泣きしていたヘビンは、げんきんなもので恋人にうり二つな男性と巡り会ったと明るい声で電話に応える。

ヒョンソン兄弟の行動を手中に収めておきたいジュンテは、彼を昼食に誘い弟ヒョヌの動向を探る。
弟をアメリカの研究所に就職させ帰国を阻止しようとするジュンテの考えを知っているヒョンソンは、ヒョヌのために用意しているというポストを避けるため弟は法務チームで働かせますとジュンテの企みを阻止する。

捻挫のせいでジョンイムが働けないというので、お人好しなヒョヌは店長の話を信じ、彼女の足が治るまでという条件でバイトを引き受ける。高額ギャラを払ってでもなかなか手に入らないようなイケメンアルバイトに気をよくする店長。
ヒョヌは偽名を使いジャック・パクと名乗り、不釣り合いな名前にジョンイムはふきだす。

ヘビンに愛人にならないかと誘われたムヨンは、どこまで本気でどこまで冗談なのか分からず仕事も上の空。
ブラインド越しにムヨンを観察するヘビンは、スタイルを変えればもっとスンジュンそっくりになるだろうと想像を膨らませる。

新品のパンツがほしいという夫のため財布の紐をゆるめようとするジョンイムだったが、パンツごときに結構な値段で出した物を袋に戻すジョンイム。
店長から配達するよう呼ばれた彼女は元気よく返事するが、これ以上捻挫が長引けばバイトを辞められなくなるヒョヌは、わざと悪化させるつもりかと彼女にくってかかる。
客引き用に雇ったヒョヌが意外と働き者で助かる店長。

配達先がKPグループとあり顔を伏せてジュンテから隠れるヒョヌだったが、兄ヒョンソンを暴漢が襲い、とっさに兄をかばうヒョヌ。

契約解除した業者にヒョソンが襲われると、他の下請けたちの動揺を恐れるため事件が漏れないように口止めするジュンテ。
当然、ヒョンソンを助けた弟ヒョヌの話も彼の耳に入る。

パク兄弟を敵視するジュンテは、ヒョンソンがなぜ弟を隠しているのかと勘ぐり、帰国した弟の足取りを調査する。

部下の手前夫を心配して飛び込んできたヘビンは、ヒョヌの帰国を知らず慌てて円満夫婦を演じる。

思ったら即行動、夫との重要な夫婦同伴ディナーを断っておきながらムヨンを連れ出し中年シンデレラボーイに仕立て上げるヘビン。
髪を切り、垢抜けたスタイルになると、ムヨンはますますスンジュンに生き写しになる。

ブランドスーツを着せムヨンが自分好みの男になると写メを撮り超ご機嫌なヘビン。
愛人になればもっといろんな物を買ってあげると言われたムヨンは、一瞬気の迷いか本当に勝算を考えてしまう。

スポンサーリンク

何から何まで完璧なヘビンに送ってもらい帰宅したムヨンは、暗がりで大型ゴミを漁る妻を発見。あまりの世界の違いに自分の妻がこんなにみすぼらしい女なのかと腹が立ってしょうがない。

初出勤から帰ってきた夫がブランドスーツを何着も持ってかえり、自分に隠れてカードを使ったのではとひやひやするジョンイム。

愛人といってもお酒を飲み、ドライブして食事するだけだと言われたムヨンは、ヘビンの言葉が忘れられずだんだんその気になってしまいそう。

父の妻スンマンを嫌悪しながらも画家としての彼女を尊敬するヘビンは、久々に描いた絵を彼女に評価してもらう。
「あなたの絵には真心が感じられない」表面上は優しそうなふりをして肝心なところでヘビンを傷つけるスンマン。

翌朝、どんな顔をしてヘビンに会えばいいのか朝から緊張しまくりなムヨンは、彼女が遅刻で現れず内心ほっとする。
しかし、突然かかってきたヘビンからの電話に「仕事なんかほっといてデートしましょう」と無理やり誘い出されるムヨン。

どこへ行くのかと思ったら健康的にボルダリングに連れていかれた高所恐怖症のムヨンは、彼女の指令で仕方なく体験させられあまりのキツさに恐怖症を忘れる。

デジカメを渡すためにヘビンとボンソンのカフェで待ち合わせたジョンイムは、夫が店の前を通りがかり彼を呼び止めヘビンに紹介しようとする。
さっきまで一緒だったムヨンがジョンイムの旦那と知ったヘビンは・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←3話     5話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ