韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ53話

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ53話

あなただけが私の愛

今回の韓国ドラマはこちら!
あなただけが私の愛
さっそく53話をご覧ください
あなただけが私の愛 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ53話

ドウォンを傷つけまいと秘密を守ってきたドックは、娘がすべて承知でスヨンに虐げられてきたと知り、不憫なドウォンをかわいそうに思う。

ドウォンとジゴンのお似合いカップルが別れたと聞いたチョPDは心配してジゴンを訪ね、イ社長に脅されたドウォンが身を引いたとジエから聞いた話を彼に教える。

夫婦で映画を見にいくと行ってでかけたスヨンが夫と別々に帰ってきたので、ヘリはわざとお母さんの嘘をバラし、ナム社長は偽りだらけの妻を無視して食事の途中で席を立ってしまう。

優しい息子がここまで怒るなんてと、ブナムはスヨンがよほど酷いことをしたに違いないと疑い、母をかばおうとするヘソンは「姉ちゃんの結婚問題が出たころから母さんたちの仲が変になってしまったんだ」とヘリに当たる。

いくら女遊びしようがジュランとは別れたくないイ社長は、彼女のために謝罪手紙を書き、食事の支度もする。
“久しぶりに酔った君を見て、胸が痛んだ。
お粥を買ってきたよ。
傷つけてすまない。
君のロッキーより。“
こんな安っぽい食べ物で騙されてなるものかとジュランは怒り、ビョンテの手紙を破く。

航空券代の為にオ社長の雑用を引き受けたナムスンは、市場の人から社長のことを守銭奴と言われ、意味が分からなくてオ社長本人に尋ねる。

金儲けのどこが悪いんだ、悪口なんて気にしないマルスは、「カネを大事にしてたくさん稼いでいることを守銭奴と言うんだよ」とナムスンに嘘を教える。

両親の夫婦仲が深刻になると、今こそ父を追い詰めるべきだとイ社長をそそのかすヘリ。
ナム社長を呼び出したビョンテは、スヨンの秘密を姑にバラしてもいいのかと脅し、契約締結を約束させる。

事業家としてこんな汚いやり口を受け入れたくないナム社長だが他に方法はなく、次に脅すようなことがあれば契約もヘリの結婚もすべて白紙にするからと警告する。

ジュランの家にやってきたジョミは、大会社の社長宅にしてはわりと質素なイ家に驚き、離婚訴訟の手ほどきをジュランに教える。
協議離婚が成立しなかった場合訴訟になれば泥沼になってしまう。
散財することはあっても蓄財の役に立っていないジュランを不利だと心配するジョミは、なんとしても夫のご機嫌をとって協議離婚に持ち込むべきだと教える。

ジョミの教えに従ったジュランは、慰謝料22億と月2千万ウォン程度の家賃収入が入ってくるビルがほしいと要求し、協議離婚書をビョンテに渡すが、どうせジョミの差し金だろうと腹を立てたビョンテは、その場で要望書を破り捨てる。

スポンサーリンク

市場を守るというノ・ヨンギと、タウンマートに売り飛ばして補償金をがっぽり手に入れるというダルボンの商人会会長選挙は、30対22という結果でダルボンが勝利を手にする。

狙いどおりにダルボンが会長になると、買収話が進めやすくなったブナムだが、頑固なオ社長なら他の持ち主が全員買収を受け入れても土地を売らないのではと心配し、先延ばしにしていた彼女との交渉に本腰を入れる。

ナムスンのことを弟とは認められなくても、このまま彼を帰国させてしまうのは、どうも気が引けるジエは、彼のためにコックコートを作り、ナムスンのネームを刺繍で入れる。

友達だと思っていた彼女に傷つけられたナムスンは、天使のおばさんが離婚の危機だと聞くと気の毒に思いつつ、僕のことはほっといてくださいとジエが作った最初で最後のプレゼントを受け取り帰っていく。

自分が父を追い込んでおきながら、傷心のナム社長を心配するヘリ。
ドックの言葉が気にかかるナム社長は、ヘリの言い分と事情が違うのではと疑うが、スヨン以上に演技のうまいヘリは、ソン・ドウォン自らが母への復讐だと口にしたとうそをつき、父の同情を買う。

娘の苦しみに気づいてやれなかったナム社長はヘリに謝り、父を気遣ったヘリが「お母さんの演技は完璧すぎて、娘がいるなんて気づけるはずがないわ」と話しているところへスヨンがやってくる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「あなただけが私の愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←52話     54話→

あなただけが私の愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「あなただけが私の愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
あなただけが私の愛 DVD BOX オフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ