韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ51話

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ51話

あなただけが私の愛

今回の韓国ドラマはこちら!
あなただけが私の愛
さっそく51話をご覧ください
あなただけが私の愛 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ51話

何をしていても腹が立って仕方がないジュランは、イ社長の着るもの、布団、下着まで袋に詰め、すべて燃やしてやろうとするが、そんなことで夫への恨みは晴らせず、亡きお父さんが生きていればと、父の反対を押し切って結婚したことを後悔する。

ナムスンから何も要求されず、親子の縁を切ってもらえたイ社長は、ほっと一安心自宅に戻り、恨み言を並べる妻に、お互い運命の相手だったんだから今更後悔するなと開き直る。

息子を捨てるような父が理解できないジゴンは、ちゃんと父親としての責任を取るべきだと訴えるが、タウンマート社長としての体裁を守りたいイ社長は、隠し子を認めることなど絶対にできないと拒絶し、ジゴンは父に代わって責任を果たそうとする。

母の苦しみが理解できないジゴンは、ナムスンを家族として迎えるべきだとジュランに頼むが、浮気だけでも許せないのに、ナムスンを見ればステファニーの陰が一生消えないジュランは、ナムスンの肩を持つジゴンに親子の縁を切ってもいいのかと怒る。

パパの浮気はママの被害妄想だとずっと思ってきたジエは、事実を知り寂しい思いをヘソンに相談する。
複雑な家庭に育ったヘソンはジエの思いがよくわかり、自分もヘリとは母親が違うんだとお家の事情を明かす。

スヨンから前夫は亡くなり、彼との結婚は1年にも満たなかったと言われていたナム社長は、ぴんぴん生きているソン・ドックと言い争っていた妻を見てショックを受け、隠し事はないのかともう一度妻に確認する。
しかし、嘘をつき慣れているスヨンは、子供はヘソンだけだと平然と言ってのけ、巧妙な妻の演技に騙されていたナム社長は情けなくなる。

以前は簡単に丸め込めた夫が今回ばかりは一筋縄でいかず、どんなに誤解だと訴えても夫に許してもらえないスヨンは、秘密を漏らしたイ社長が悪いんだと彼を恨み、もっとも効果的な方法で隠し子のことを暴露しようとする。

なかなか電話に出てくれないソン・ドックにメールを送りなんとか説得したナム社長は、ドックに会い、妻のことが信じられなくなったんだと打ち明ける。
イ社長の話を信じた彼は、ドウォンが母親への復讐のためにジゴンを横取りしたとドックを非難するが、ドウォンが実母のことを知らないと思っているドックは、あんたの家族は人を苦しめるのが趣味なのかと軽蔑する。

ナム社長と会っているところをドウォンに見られてしまったドックは、どうしてフルーツコリアの社長なんかと一緒にいるのかと不審がられ、ジゴンと本当に別れたのか社長が確認しにきたんだと言ってごまかす。

スヨンに引き続きナム社長まで相手したドックは、すっかり神経をすり減らし、病気が悪化したのか目の前が真っ暗になる。
異様な音に気づいたマルスは、今にも倒れそうなドックを助け彼に薬を飲ませる。
裕福な生活を守るために娘を捨てたスヨン。
夫に秘密がばれた彼女のことを当然の報いだとマルスが噂していると、お父さんたちの話を聞いたドウォンは、実母が窮地に陥っているのではと父に内緒でマルスおばさんに事情を尋ねる。

スポンサーリンク

ヘリの結婚を急ぐブナムは、話を進めようとしないスヨンに嫌みを言うが、イ社長の隠し子が出てきたと知ると、ヘリがマートを継ぐ上で支障になるかもしれないと心配する。

ナムスンを家族として受け入れたいジゴンは、彼を夕食に招待し上司としてではなく兄として彼に接する。
イ社長に代わり、父親のような兄になるよとジゴンに優しくされたナムスンは、熱いものがこみ上げジゴンの心温まるスープに感動する。

ナムスンの大好きなソーセージやベーコンの入ったポトフ。
実兄から生まれてはじめて自分のために料理を作ってもらったナムスンは、「とんでもなく美味しいです」と大感激し、優しいジゴンに見守られ最高の食事をする。

父親に傷つけられてもジゴンの温かさに救われるナムスン、しかし、友達と食事の約束をしていたジュランが店に現れ、ナムスンはすっかり変わってしまった彼女に罵声を浴びせられる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「あなただけが私の愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←50話     52話→

あなただけが私の愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「あなただけが私の愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
あなただけが私の愛 DVD BOX オフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ